ドライマウスの人のお口のなかを潤してくれるのが保湿剤です。

保湿剤にはスプレータイプとジェルタイプがあります。

今回は、スプレータイプとジェルタイプを上手に活用する方法をご紹介します。

こちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「スプレータイプの保湿剤を上手に活用する」というテーマでお話します。

ドライマウスの人のお口のなかを潤してくれるのが保湿剤です。

保湿剤にはスプレータイプとジェルタイプがあります。保湿効果が持続するのはジェルタイプの方です。

そのために、何かとジェルタイプが使われることが多いかもしれませんが、膜状になって、それが剥がれたりすると誤嚥の危険もあります。

ドライマウスの場合は保湿剤だけに頼るのではなく、唾液腺マッサージなどで、唾液の分泌量を増やす努力をするのがよいと思います。

そして、お口の乾燥が気になるときには、気軽に使えるスプレータイプの保湿剤で潤しましょう。

保湿効果はそれほど長持ちしませんが、膜状になることもありませんから、安心して使えますよ。

唾液腺マッサージとスプレータイプの保湿剤、上手に組み合わせてみてください。