みがきにくい部分からワンタフトブラシでみがいていくスウェーデン式歯みがきが話題になっています。

スウェーデン式歯みがきは、短時間でできる点も特徴ですが、今回はゆったりと時間をかけて行う歯みがきをご紹介しましょう。

こちらをご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「寝る前にできる?ゆったり歯みがきのススメ」というテーマでお話しましょう。

みがきにくい部分からワンタフトブラシでみがいていくスウェーデン式歯みがきが話題になっています。

スウェーデン式歯みがきは、短時間でできる点も特徴ですが、今回はゆったりと時間をかけて行う歯みがきをご紹介しましょう。

みがきにくい部分をワンタフトブラシでみがくのはスウェーデン式歯みがきと一緒です。

次に歯間ブラシ、またはデンタルフロスで歯と歯の間の汚れをとります。

そして、高濃度フッ素配合の歯みがき粉をつけて、全体をゆっくり歯みがきします。フッ素の成分が歯や歯ぐきに染み渡るのをイメージしながら行うといいですよ。

そして最後に舌クリーナーで舌清掃を行って終了です。

10分以上かけてじっくりと行なっていただきたいですね。寝る前などにぜひ実践してみてください。