口腔ケアでもっとも苦戦することは、もしかしたらご利用者さんにお口を開けてもらうことかもしれません。

口元がこわばってしまっていて、認知症などによって意思疎通もスムーズにできないケースなどでは、施設スタッフの方々も困ってしまうかもしれませんね。

そのようなときは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「こわばりの強い方のリラックス開口法!」というテーマでお話しましょう。

口腔ケアでもっとも苦戦することは、もしかしたらご利用者さんにお口を開けてもらうことかもしれません。

口元がこわばってしまっていて、認知症などによって意思疎通もスムーズにできないケースなどでは、施設スタッフの方々も困ってしまうかもしれませんね。

そのようなときは、ご利用者さんの右横に立って、左腕を頭の後ろに回して、頭部を支えるような体勢を取ります。

そして、右手でご利用者さんの唇にそっと触れて、まずは口唇のマッサージを行いましょう。人差し指を唇に当てて、クルクルと回しながら唇全体をマッサージします。

口元の緊張が徐々にとけてきますから、人差し指をやさしく、口のなかに入れましょう。唇が開いたら、左手の親指と人差し指で、ご利用者さんの上下の唇を開き、右手に持った歯ブラシで素早くブラッシングします。

ブラッシングをしているうちに、徐々に歯の食いしばりも解けてきます。そのタイミングで素早く内側をブラッシングしましょう。

試してみてください。

それでは、また。