新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、施設への訪問歯科診療が難しくなっているケースもあると思います。

確かに、高齢のご利用者さんが新型コロナウイルスに感染してしまうと、肺炎などを発症し、重症化しやすいため、感染拡大時期の訪問には慎重にならざるを得ません。

しかし、ご利用者さんが注意しなくていはいけない肺炎は、コロナウイルスによるものだけではありません。

例えば・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「訪問歯科診療が難しくても、しっかりと口腔ケアを!」というテーマでお話しましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大にともなって、施設への訪問歯科診療が難しくなっているケースもあると思います。

確かに、高齢のご利用者さんが新型コロナウイルスに感染してしまうと、肺炎などを発症し、重症化しやすいため、感染拡大時期の訪問には慎重にならざるを得ません。

しかし、ご利用者さんが注意しなくていはいけない肺炎は、コロナウイルスによるものだけではありません。

訪問歯科診療が難しくなった期間、施設のご利用者さんの誤嚥性肺炎の発症が多くなったという話も聞こえてきます。

ご利用者さんの肺炎を予防し、健康を維持するためにも、口腔ケアの徹底をお願いしたいと思います。

歯科医師や歯科衛生士が訪問歯科診療にうかがえないケースでも、施設スタッフの皆さんが専門家と同等の口腔ケアを行えていれば、ご利用者さんの肺炎のリスクもぐんと下がるはずです。

それでは、また。