歯みがきではみがき残しのないように、しっかりとブラッシングするのがポイントです。

でも、ブラッシングの癖というのがあって、全部の歯を同じようにブラッシングするのって、実は難しいのです。

そんな癖を解消する方法は、

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「右利きの人は口の右側から歯みがきスタート!」というテーマでお話しましょう。

歯みがきではみがき残しのないように、しっかりとブラッシングするのがポイントです。

でも、ブラッシングの癖というのがあって、全部の歯を同じようにブラッシングするのって、実は難しいのです。

一般的に右利きの人は歯ブラシを右手で持ってブラッシングするので、自分の左側の歯は上手にみがけているのに、右側の歯はあまり上手にみがけない、という傾向があります。

右利きの人にとっては、左側の歯をブラッシングするのは楽にできますが、右側の歯のブラッシングってちょっと窮屈になりがちですからね。

このようなケースでは、最初に右側の歯をブラッシングして、次に左側の歯をブラッシング、最後にもう一度右側の歯をブラッシングするという順番で行うと、みがき残しが少なくなります。

ご利用者さんへも同じようにアドバイスしてみてください。

それでは、また。