口のなかにあるとき、舌はスポットと呼ばれる位置にあるのが正常です。

でも、舌癖があったり口呼吸になっていたりする人は、舌がスポットからズレた場所にあることが多いんです。

舌癖や口呼吸の改善が期待できるタングドラッグという方法を紹介します。

こちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「舌の位置を整えるタングドラッグって?」というテーマでお話します。

口のなかにあるとき、舌はスポットと呼ばれる位置にあるのが正常です。

でも、舌癖があったり口呼吸になっていたりする人は、舌がスポットからズレた場所にあることが多いんです。

口腔リハビリなどで舌の位置を正すことができれば、舌癖や口呼吸の改善が期待できますよ。タングドラッグという方法を紹介しましょう。

まずは、舌を上顎に吸い付けるように密着させます。

この状態から舌全体をのどの方向へ移動させてください。

今度は、同じ動きを口を閉じて奥歯を噛んだ状態で行いましょう。

無理のない範囲で数回くり返してくださいね。

それでは、また。