開口が苦手な人は、開口状態を維持するのも苦手なケースが多いので、介助者はその手助けをしたくなってしまいます。

でも、開口状態を保持しようとして、歯の上に指を置いてしまってはいけません。

そんな場合は、、、

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「開口保持での指の位置は?」というテーマでお話します。

開口がスムーズにできない人の口腔ケアでは、開口できたあとの開口保持にも注意が必要です。

開口が苦手な人は、開口状態を維持するのも苦手なケースが多いので、介助者はその手助けをしたくなってしまいます。

でも、開口状態を保持しようとして、歯の上に指を置いてしまってはいけません。

開口保持器を使うのが一番ですが、それが苦手な方などの場合は、親指を上の歯のふちの部分に軽く当てて開口を支えてあげましょう。

これなら、万が一ご利用者さんが突然口を閉じてしまっても、指を噛まれることはありませんよ。

それでは、また。