舌の動きは会話や食事など、さまざまな動作に大きな影響を与えます。

舌のトレーニングにはさまざまな方法があります。

例えば、「ら」の形の口をすることで、こんなトレーニングができます。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。「ら」の形の口で舌の筋トレができる。マルかバツか?

舌の動きは会話や食事など、さまざまな動作に大きな影響を与えます。舌のトレーニングにはさまざまな方法がありますが、「ら」の形の口をすることでできるトレーニングもあるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

やり方を説明しましょう。「ら」の口を作ります。しっかりと口角が上がっていますか?

この状態から舌を上顎に付けて動かさないようにします。そして下顎だけを上下に5回動かしましょう。

もう1つ紹介しましょう。「ほ」の口を作ります。そしてその形をキープしたままで舌を歯列に沿って3回、回転させましょう。逆回転でも行ってくださいね。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。