舌の動きが正常な健常者の方は、上顎に汚れがつくということは滅多にないと思います。

しかし、舌をはじめ口の機能が衰えてくる高齢の方では、上顎などの口蓋部分に汚れが付着していることが多くなるのです。

口腔ケア介助のときには、この部分もしっかりと清掃しましょう。

清掃方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「口蓋のブラッシング術」というテーマでお話しましょう。

舌の動きが正常な健常者の方は、上顎に汚れがつくということは滅多にないと思います。

しかし、舌をはじめ口の機能が衰えてくる高齢の方では、上顎などの口蓋部分に汚れが付着していることが多くなるのです。

口腔ケア介助のときには、この部分もしっかりと清掃しましょう。

口蓋部分を歯ブラシで清掃する場合は、力の入れ加減がコツになります。

歯ブラシで粘膜部分を清掃するときは、傷つけないようにやさしく触れるのが基本ですが、口蓋部分は例外です。

やさしくブラッシングすると、逆にくすぐったくなってしまうので、多少力を入れて強めにブラッシングしてください。

入れ歯を使用している方の場合は、粘膜清掃に用いるスポンジブラシで歯ぐきなどと一緒に口蓋の清掃を行うのもいいですね。

それでは、また。