クリーニングなどでは落とすことのできない黄ばんだ歯を白くする方法がホワイトニングです。

そのホワイトニングには、いくつかの種類があります。

例えば・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです! 問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。ホワイトニングにもいろいろな種類がある。マルかバツか?

クリーニングなどでは落とすことのできない黄ばんだ歯を白くする方法がホワイトニングです。

そのホワイトニングには、いくつかの種類があるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニングでは濃度の高い薬剤を使い、さらにLEDライトで照射を行うこともできるので、より早く白さを実感できます。

そのため、1回目のホワイトニングからある程度の白さを感じられます。

歯科医院で作成したマウスピースに薬剤を入れて装着することで歯を白くする方法がホームホワイトニングです。

1日2時間ほど、2週間継続するのが一般的です。

オフィスホワイトニングに比べて時間がかかる場合が多いですが、より透明感のある白さを得られます。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。