奥歯の裏などのみがきにくい部分や孤立歯をブラッシングするのに重宝するのがワンタフトブラシです。

しかし、毛先の硬さが「ふつう」というのしかなくて困ったことはありませんか?

そんなときは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「ワンタフトブラシでも硬さを選べる!」というテーマでお話しましょう。

奥歯の裏などのみがきにくい部分や孤立歯をブラッシングするのに重宝するのがワンタフトブラシです。

でも、市販されているものは、歯ブラシほど多くの選択肢がありません。毛先の硬さも「ふつう」だけ、というケースも多いでしょう。

でも、ワンタフトブラシが大活躍するようなご利用者さんの口腔内は、歯ぐきなどに問題を抱えていることもあると思います。

そんなときは、やわらかい毛先のワンタフトブラシを使いたいですよね。

歯科医院で販売していることの多いワンタフトブラシなら、毛先の硬さを選ぶこともできます。

これなら、炎症を起こしている歯ぐきにもやさしくブラッシングできると思いますよ。

それでは、また。