認知症が進行してしまうと、入れ歯の着脱や管理が難しい、ということで入れ歯を外してしまう方がいらっしゃいます。

こうなると、食事も会話も楽しくなくなり、認知症の進行もさらに早まってしまいます。

こんな悪循環に陥ってしまう前に・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「認知症のご利用者さんは早めに入れ歯調整を!」というテーマでお話しましょう。

ご高齢者にとっては、ぴったりと合う入れ歯でおいしく食べて、楽しく会話するということはQOLに大きく影響します。

認知症のご利用者さんにとっては、その影響はさらに大きくなります。

認知症が進行してしまうと、入れ歯の着脱や管理が難しい、ということで入れ歯を外してしまう方がいらっしゃいます。

こうなると、食事も会話も楽しくなくなり、認知症の進行もさらに早まってしまいます。

こんな悪循環に陥ってしまう前に、認知症のご利用者さんには、早め早めの入れ歯の調整をお勧めします。

しっかりと噛んで、しっかりと話すことで認知症の進行を遅らせることも期待できますよ。

それでは、また。