口腔ケアでは、1日に1回程度は舌の清掃を行っていただきたいです。

今回は、歯ブラシを使って舌の清掃方法と注意点をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「歯ブラシで舌清掃するときの注意点」というテーマでお話しましょう。

口腔ケアでは、1日に1回程度は舌の清掃を行っていただきたいです。

舌の動きが衰えてくる高齢の方は、舌に舌苔と呼ばれる白いコケのような汚れが付着するようになります。

この舌苔が厚くなると、口臭の原因になってしまうんです。

舌清掃は専用の舌クリーナーを使うのが理想ですが、歯ブラシではできない、というわけではありません。

歯ブラシで舌清掃を行うときは、歯ブラシを寝かせて軽くすべらせるように行います。

舌に当てるときは、正面から行うと毛先で舌を傷つけてしまう危険があるので、横から差し入れるようにしましょう。

それではまた。