こんにちは、日本訪問歯科協会の迫です。

高齢の方のお口でよく見られるのが「歯根露出」です。

加齢や歯周病の進行などが原因で、歯の根元が露出して歯が長くなったように見えることです。

歯根露出部分は、しっかりとケアすることが重要です。

ケア方法は、こちらより

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「歯根露出の人のブラッシング術」というテーマでお話します。

高齢の方のお口でよく見られるのが「歯根露出」です。加齢や歯周病の進行などが原因で、歯の根元が露出して歯が長くなったように見えることです。

この露出した部分に歯垢がたまってむし歯に、さらには歯垢に含まれる刺激物質によって知覚過敏になったりします。

こうした問題を防ぎ、歯周病の進行も食い止めるために、歯根露出部分は、しっかりとケアすることが重要です。

でも、この部分は普通の歯ブラシでは小回りが利かず、痛みを感じる人も多いです。そこで、歯根露出部分のケアにはワンタフトブラシを活用しましょう!

ワンタフトブラシで、歯の根元の部分に沿って、弧を描くように、やさしくブラッシングします。

そして、周辺の歯肉の部分も小さく円を描くように、マッサージしてあげましょう。

それではまた。