歯周病は早期の治療が絶対にオススメですが・・・

では、歯周病が進行すると外科手術が必要になることもあるのでしょうか?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。歯周病がひどくなると外科手術が必要。マルかバツか?

歯周病は早期の治療が絶対にオススメですが、治療では手術を行うこともあるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

歯周病が進行すると外科手術が必要になることもあるんです。

歯肉炎などの歯周病の第一段階の治療の場合は、歯磨き指導とスケーリングと呼ばれる歯石取りを行います。

歯周炎などの歯周病第二段階の治療の場合は、歯磨き指導、スケーリングに加えて、歯ぐきのなかの歯石を取り除くルートプレーニングというものを行います。

歯槽膿漏などの歯周病第三段階になると、これまでの方法では改善しないことも多くあります。そんなときは、外科手術で歯ぐきを切り開き、なかにたまっている膿や歯石を取り出す必要があります。

歯周病は進行してしまうと、治療期間や費用など、患者さんにも大きな負担がかかってしまうんです。

皆さんは正解しましたか?