子供の歯は6歳から12歳にかけて乳歯から永久歯へと生え変わります。

そのときの歯の状態に合わせて歯ブラシを変えることをおススメします。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。生え替わり期の歯みがきはワンタフトブラシがオススメ。マルかバツか?

お子さんの歯は6歳から12歳にかけて乳歯から永久歯へと生え変わります。そのときの歯の状態を考えると、どのようなブラシが合うのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

生え替わり時期の歯は歯並びが凸凹のために歯磨きが難しいんです。そんなときは、ワンタフトブラシを使うと上手に磨けますよ。

「こんな面白い歯ブラシがあるんだよ」と興味をもってもらえるようにすると、歯磨きにも積極的に取り組んでくれるかもしれません。

また、生えたての永久歯は酸に対する抵抗力も弱いので、フッ素ジェルを塗って歯を強くしましょう。歯磨きでしっかりと歯垢を落としたあとに塗るのがポイントですよ。

皆さんは正解しましたか?