最近の歯ブラシは、毛の細さが異なるタイプなども含めて、毛先がギザギザな形をしたものが増えています。

細かい部分にまで入って上手に磨けそうですね。

しかし・・・

 

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「平らな毛先の歯ブラシを選ぼう!」というテーマでお話しましょう。

介助みがきでの歯ブラシ選びには、いくつかのポイントがあります。

柄の部分がまっすぐでヘッドが小さめ、そして毛先のやわらかいものがオススメです。

さらに、毛先の形は平らなものがいいでしょう。

最近は毛の細さが異なるタイプなども含めて、毛先がギザギザな形をしたものが増えています。この方がなんとなく、細かい部分にまで入っていけそうに見えるかもしれません。

でも、こうしたタイプはよっぽど的確な角度で毛先を当てないといけません。当て方を間違ってしまうと、ギザギザした毛先が寝てしまい、うまく歯垢を取り除けなくなってしまうのです。

だから、介助みがきでは扱いやすい毛先の平らなものが適しているんですね。