歯と歯の間がそれほど広くない若い方は、歯間ブラシではなくデンタルフロスを使うことが多いと思います。

でも、ブリッジなどがあるときは、その部分にはデンタルフロスは使えませんよね。

そんなときは・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「歯科医院で手に入る!細ーーい歯間ブラシ」というテーマでお話します。

歯と歯の間がそれほど広くない若い方は、歯間ブラシではなくデンタルフロスを使うことが多いと思います。

でも、ブリッジなどがあるときは、その部分にはデンタルフロスは使えませんよね。

そんなときは歯間ブラシを使うことになりますが、市販のものは一番細くてもSSSというケースが多いです。
これでは太過ぎるという方もいらっしゃるでしょう。

太い歯間ブラシを無理して使うと、歯ぐきを傷つけてしまうこともありますから要注意ですよ。

そんなときは、歯科医院で4Sの歯間ブラシを扱っていないか、確認してみてください。

多くの歯科医院では、このような歯科医院専売の4Sの歯間ブラシを販売していると思います。
これなら、歯と歯のすき間が狭い方でもスムーズに清掃できると思いますよ。

それではまた。