皆さん、ゼリーを食べるときは、どのようにしていますか?

舌でゼリーを上顎に押し付けて食べるという方、歯で噛んで食べるという方、それぞれいらっしゃると思います。

ゼリーを噛んで食べるという人は、実は、将来・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「ゼリーを噛んで食べる人の注意点」というテーマでお話します。

皆さん、ゼリーを食べるときは、どのようにしていますか?

舌でゼリーを上顎に押し付けて食べるという方、歯で噛んで食べるという方、それぞれいらっしゃると思います。

ゼリーを噛んで食べるという人は、口蓋の高さが高い人です。ゼリーを上顎に押し付けるには、
口蓋の高さが高過ぎるために、歯で噛んでしまうんですね。

こんな人は将来、誤嚥しやすくなるので、気をつけなくてはいけません。

なぜなら、口蓋の高い人は食塊の形成をのどの近くで行う傾向があるからです。食塊形成をのどの近くで行うと、それだけ誤嚥のリスクも高くなるんです。

普段からゼリーを噛んで食べているという人は、嚥下機能の維持や向上を意識して、
将来の誤嚥を防げるように心がけてみてください。

それではまた。