食事で咀嚼をすることなどで、歯はちょっとずつすり減っていきます。

噛む力の強い人は、そのぶんすり減る量も多くなるのでしょうか?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。噛む力が強すぎると歯が削れる。マルかバツか?

食事で咀嚼をすることなどで、歯はちょっとずつすり減っていきます。噛む力の強い人は、そのぶんすり減る量も多くなるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

歯のすり減りが大きく、歯のエナメル質の下にある象牙質が露出してしまうような状態を咬耗といいます。噛む力の強い人や歯ぎしりをする人は、この咬耗に悩まされる可能性が高くなります。

咬耗は1本、2本という少数の歯に見られるというよりも、口のなか全体、もしくは口の片側全体の歯に見られることが多いです。

自覚症状のある人は、歯科医院で診察してもらいましょう。歯科医師ならその部分を視診するだけで咬耗の判断ができます。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。