認知症はタイプごとで口腔ケアの際の留意点が異なりますが、ステージごとでも違いがでてきます。

認知症も後期ステージになると、認知機能だけでなくあらゆる活動性が低下してきます。

例えば・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。

今回は「認知症後期ステージでの口腔ケアの特徴」というテーマでお話しましょう。

認知症はタイプごとで口腔ケアの際の留意点が異なりますが、ステージごとでも違いがでてきます。

認知症も後期ステージになると、認知機能だけでなくあらゆる活動性が低下してきます。

口唇やほほの緊張によって開口困難や開口保持困難が発生したり、咬み込みなどの原始反射が見られることもあります。

さらに誤嚥のリスクも高くなるため、口腔ケアの難易度は高くなります。

開口手技や誤嚥防止のために姿勢づくりなどが必要になりますよ。

それでは、また。