開口困難なご利用者さんの口腔ケアは、なかなか大変ですよね。

がんばってお口を開けてくれてケアを行うことができても、その状態を保持することが難しい方もいらっしゃいます。

なかには、ケア用品を噛んでしまったりする方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなときは・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。

今回は「ケア中にケア用品を噛んでしまったら?」というテーマでお話します。

開口困難なご利用者さんの口腔ケアは、なかなか大変ですよね。

がんばってお口を開けてくれてケアを行うことができても、その状態を保持することが難しい方もいらっしゃいます。

なかには普段はしっかりと開口していられるのに、不意に口を閉じてしまったり、
ケア用品を噛んでしまったりする方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなときは、絶対に慌ててケア用品を引き抜こうとしてはいけません。
とっさにやってしまいそうになるかもしれませんが、無理して引き抜くとご利用者さんの歯が折れてしまうこともありますよ。

まずは、ご利用者さんにリラックスしてもらい、ゆっくりと口を開いてもらいましょう。そのあとにケア用品を取り出します。

この間も、誤飲してしまわないように、ケア用品から手を離さないようにしていてくださいね。

それでは、また。