口腔ケア介助を行うときに、多くの方が悩まされていることの1つに「開口してくれない」というものがあります。

しかし、開口してくれないといっても、さまざまな原因と理由があります。

今回は、主なものをご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「開口困難の理由と見分け方のポイント!」というテーマでお話しましょう。

口腔ケア介助を行うときに、多くの方が悩まされていることの1つに「開口してくれない」というものがあります。

しかし、開口してくれないといっても、さまざまな原因と理由があります。主なものを説明しましょう。

脳血管疾患などの後遺症によって、自力での開口ができないものを「機能的原因」といいます。

顎関節などに問題があって開口できないものを「器質的原因」といいます。

そして、歯みがきが嫌いなどで開口してくれないものを「心理的原因」といいます。

それぞれを判断するのは難しいこともありますが、日常生活のなかでアクビをしていることがあるなら、少なくとも器質的原因ではないと判断できます。

観察してみてください。

それでは、また。