寝たきりの方の摂食嚥下訓練は何かと制限が多くなってしまいます。

まずは基本的な簡単な訓練から行うのがコツです。

こちらをご覧ください

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「寝たきりの人への首の可動域訓練」というテーマでお話しましょう。

寝たきりの方の摂食嚥下訓練は何かと制限が多くなってしまいます。

このような場合は、まずは基本的な簡単な訓練から行うのがコツです。

首の可動域訓練は摂食嚥下訓練の基本中の基本です。これを寝たきりの方に行ってみましょう。

ご利用者さんの肩と頭部に手を当てて、ゆっくりと前後に数回ストレッチをしましょう。

次に両手で頭部を軽く持ち上げて左右に回旋させましょう。いきなり大きく回すのではなく、ゆっくりと小さく回すので結構です。

寝たきりの方は首の動きが拘縮しがちですから、とてもオススメです。

それでは、また。