口腔ケアを始める前に必ず行うのが、口腔内観察です。

口の粘膜や歯の状態を確認するのですが、このときに忘れてはいけないのが、舌のチェックです。

舌の傷や舌苔の有無は当然ですが、舌の動きもしっかりと観察しましょう。

観察方法は、こちらより

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「口腔内観察では舌を動かしてもらう!」というテーマでお話しましょう。

口腔ケアを始める前に必ず行うのが、口腔内観察です。

口の粘膜や歯の状態を確認するのですが、このときに忘れてはいけないのが、舌のチェックです。

舌の傷や舌苔の有無は当然ですが、舌の動きもしっかりと観察しましょう。

粘膜や歯の観察が済んだら、舌を口の外に出してもらい、その動きを確認します。

さらに、舌を口に戻してもらい、舌先を口蓋につけるように、持ち上げてもらいます。

このチェックによって、舌がスムーズに動くのか、舌の筋力は維持できているのかといったことを確認できるんです。

それでは、また。