ごくんと飲み込む力が衰えると、咽頭残留や誤嚥を起こすことが多くなってしまいます。

今回は、嚥下力を鍛える訓練方法をご紹介します。

方法は、こちらをご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「嚥下力を鍛えるプッシング・プリング訓練」というテーマでお話しましょう。

ごくんと飲み込む力が衰えると、咽頭残留や誤嚥を起こすことが多くなってしまいます。

プッシング・プリング訓練で、のどの筋力を鍛えることで、しっかりと嚥下できるようになりましょう。

壁などに向かって「エイ」「ヤー」などと発声しながら壁を力一杯押します。これがプッシング訓練です。

今度は椅子に座って、両手で椅子の座面を持ち上げるようにして、「エイ」「ヤー」など発声しましょう。これがプリング訓練です。

嚥下する力に加えて、声帯閉鎖や喉頭閉鎖の改善も期待できますよ。

それでは、また。