摂食嚥下では、スムーズな呼吸が大切です。

しっかりと呼吸できると、それだけ誤嚥のリスクは低くなるのですが、なぜでしょうか?

それは、体の構造上に理由があります。

こちらをご覧ください。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「摂食嚥下で呼吸が大切な理由」というテーマでお話しましょう。

摂食嚥下では、スムーズな呼吸が大切です。しっかりと呼吸できると、それだけ誤嚥のリスクは低くなるのですが、なぜでしょうか?

それは、私たち人間は体の構造上、呼吸と嚥下を同時にできないからなんです。

普段、呼吸をしているときは、のどの空気の出入り口が開いています。発声するときに働く声門が開き、そこを空気が出入りしているんです。

ところが、食塊がのどを通過する嚥下のときには、このままでは食塊が気道にも流れ込んでしまいます。

そこで、喉頭蓋が気道をふさぎ、食塊が流れ込むことを防いでいるのです。

この瞬間に、しっかりと息を止めることができると、誤嚥のリスクも低くなります。嚥下と呼吸の関係は、このようになっているんですね。

それでは、また。