唾液の分泌量が減少して口腔内が乾燥するドライマウスとは逆に、唾液が過剰に分泌される流涎というものがあります。

摂食嚥下障害の人が流涎に悩まされるようになると、誤嚥のリスクがさらに高くなってしまいます。

流涎の対策には・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「流涎には唾液腺のアイスマッサージ」というテーマでお話しましょう。

唾液の分泌量が減少して口腔内が乾燥するドライマウスとは逆に、唾液が過剰に分泌される流涎というものがあります。

摂食嚥下障害の人が流涎に悩まされるようになると、誤嚥のリスクがさらに高くなってしまいます。

流涎には、唾液腺のアイスマッサージを試してみましょう。

ビニール袋などに氷を入れて耳下腺、顎下腺、舌下腺の3箇所に当てて、回すようにマッサージをします。

1箇所につき10〜15秒ほど、3箇所の唾液腺を交互にマッサージします。皮膚が赤くなるくらい、5分ほど行いましょう。

それでは、また。