口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食事に集中できない人にはデスクライトを活用?」というテーマでお話します。

認知症のご利用者さんなどのなかには、摂食嚥下機能には問題がないが、食事になかなか集中できないというケースがあるかもしれません。

そんな場合は、食事の環境について、いろいろと工夫する必要があります。

施設など、食事スペースが広いところなどでは、ほかのことが目についてしまい、目の前の食事に集中できないというケースがあるかもしれません。

そんなときは、ご利用者さんの手元をデクスライトなどで照らしてあげて、ご自分の食事をしっかりと認識させるという方法があります。

また、白っぽい食器を使っているときは、トレーを黒っぽいものにするなどして、
色のコントラストをつけることで認識しやすくする、というのもよいでしょう。

ぜひ、試してみてください。

それではまた。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「食事に集中できない人にはデスクライトを活用?」というテーマでお話します。

認知症のご利用者さんなどのなかには、摂食嚥下機能には問題がないが、食事になかなか集中できないというケースがあるかもしれません。

そんな場合は、食事の環境について、いろいろと工夫する必要があります。

施設など、食事スペースが広いところなどでは、ほかのことが目についてしまい、目の前の食事に集中できないというケースがあるかもしれません。

そんなときは、ご利用者さんの手元をデクスライトなどで照らしてあげて、ご自分の食事をしっかりと認識させるという方法があります。

また、白っぽい食器を使っているときは、トレーを黒っぽいものにするなどして、
色のコントラストをつけることで認識しやすくする、というのもよいでしょう。

ぜひ、試してみてください。

それではまた。