高齢になると、唾液の分泌量が減少するので、口腔内が乾燥しがちになります。

例えば薬の副作用などでも、一時的に口腔内が乾燥していることもあるでしょう。

でも、次のような訴えをたびたびするようなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「ドライマウスの人はこう訴える」というテーマでお話します。

高齢になると、唾液の分泌量が減少するので、口腔内が乾燥しがちになります。

例えば薬の副作用などでも、一時的に口腔内が乾燥することがあります。

でも、ご利用者さんが次のような訴えをたびたびするようなら、一時的な乾燥ではなく、ドライマウスを疑ってみましょう。

口がカラカラする、しゃべりづらい、舌がヒリヒリする、口のなかがネバネバする、しょっちゅう水を飲んでいる、パサパサしたものが食べられなくなった

唾液腺マッサージなどで、改善するケースも多くありますが、まずは専門家に相談してみてくださいね。