咀嚼は唇やほほ、舌などが複雑に連携して行う動作です。

忘れてはいけないのが、歯で食べ物を噛み砕く動きです。

今回は、噛むことを訓練する方法をご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「ガーゼガムで咀嚼の訓練」というテーマでお話します。

咀嚼は唇やほほ、舌などが複雑に連携して行う動作ですが、忘れてはいけないのが、歯で食べ物を噛み砕く動きです。

ガーゼとガムを使って噛む訓練を行いましょう。

ガムをガーゼでくるんで糸でしっかりと結びます。

ご利用者さんにガムをくるんだガーゼを口に含んでもらい、介助者は誤嚥してしまわないように、
ガーゼに結ばれた糸をしっかりと持っておきます。

この状態でガムを噛んでもらいます。

また、咀嚼訓練用の食品もあります。

咀嚼が必要な適度な硬さがあり、咀嚼することでペースト状の食品になることが特徴ですよ。

それでは、また。