歯ぐきに炎症があるような方は、やわらかめの歯ブラシがオススメですとよくお話します。

やわらかめの歯ブラシは、歯ぐきに優しい一方で、歯垢を取り除く力が少し弱いという面は確かにあります。

そこを気にして、「歯垢をしっかり取るために硬めの歯ブラシを使う」という方がいらっしゃいます。

正しくブラッシングしていれば問題ないのですが・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「硬い歯ブラシの危険性」というテーマでお話しましょう。

歯ぐきに炎症があるような方は、やわらかめの歯ブラシがオススメですとよくお話します。

やわらかめの歯ブラシは、歯ぐきに優しい一方で、歯垢を取り除く力が少し弱いという面は確かにあります。

そこを気にして、「歯垢をしっかり取るために硬めの歯ブラシを使う」という方がいらっしゃいます。

正しくブラッシングしていれば問題ないのですが、硬い歯ブラシを使って強くブラッシングをしてしまうとメリットよりもデメリットが大きくなってしまいます。

硬い歯ブラシでゴシゴシとブラッシングしていると、歯ぐきとの境目の歯のエナメル質は削れてしまい、歯の象牙質が露出してしまうんです。

そうなると、知覚過敏になってしまいます。もちろん、やわらかい象牙質はむし歯菌にも攻撃されやすいので、むし歯が進行してしまう可能性も高いです。

硬い歯ブラシを使うときは、力の入れ具合とブラッシング法を間違わないように注意してくださいね。

それでは、また。