入れ歯を着けているドライマウスの方、いらっしゃると思います。

唾液の分泌量の少ないドライマウスの方は、唾液によって粘膜が保護されていないため、傷がつきやすくなっています。

そのため・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「ドライマウスの人の入れ歯装着時には?」というテーマでお話しましょう。

入れ歯を着けているドライマウスの方、いらっしゃると思います。

唾液の分泌量の少ないドライマウスの方は、唾液によって粘膜が保護されていないため、傷がつきやすくなっています。

そのため、入れ歯の装着時や部分入れ歯のクラスプなどによって、粘膜や歯茎が傷ついてしまうこともあるでしょう。

なにより、口腔内が乾燥している状態では入れ歯の装着自体もなかなかスムーズにいきません。

ですから、ドライマウスの方は、入れ歯を装着する前に保湿剤で口腔内を潤すようにしてください。

入れ歯によって傷がつくこともなくなり、装着もスムーズになりますよ。

それでは、また。