口腔機能の体操としてよく知られているパタカラ体操にも登場するのが「カ」の発音です。

「カ」は、舌の奥をしっかりと上げて、のどを閉めて発音します。

この発音が苦手な人は、食べ物をのどに運ぶのが苦手な人が多いかもしれません。

さらに↓↓↓

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。
今回は「「カ」が苦手な人は水の誤嚥に注意!」というテーマでお話します。

口腔機能の体操としてよく知られているパタカラ体操にも登場するのが「カ」の発音です。

「カ」は、舌の奥をしっかりと上げて、のどを閉めて発音します。
食べ物をのどに運ぶ動きをスムーズにするトレーニングになるんですね。

この発音が苦手な人は、食べ物をのどに運ぶのが苦手な人が多いかもしれません。

さらに、水分を誤嚥しやすい傾向もあるようです。

「カ」の発音では、舌の奥をしっかり上げなくてはいけませんが、それが苦手な人は、
咽頭蓋による気道の閉鎖がうまくできずに、水分が気道に入ってしまいやすくなってしまうのです。

「最近、飲み物でムセることが多くなってきたな」という人は、
「カ」の発音がしっかりできているかチェックしてみてください。

それではまた。