口腔ケアでは、さまざまな口腔ケア用品を活用しますが、うっかりして混同しがちなものもあります。

その代表が、マウスウォッシュと液体ハミガキです。

今回は、マウスウォッシュと液体ハミガキをご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「違いわかりますか?液体歯みがきとマウスウォッシュ」というテーマでお話します。

口腔ケアでは、さまざまな口腔ケア用品を活用しますが、うっかりしていると混同しがちなものもあります。

その代表が、マウスウォッシュと液体ハミガキです。

液体ハミガキは文字通り、歯みがき粉の代わりに使うものです。液体ハミガキを口に含んだあとに、歯ブラシでブラッシングをするんです。

そして、洗口剤とも呼ばれるマウスウォッシュは、口臭予防や保湿目的で使われることの多い、殺菌作用のあるものです。

歯みがきが済んでから、マウスウォッシュの適量を口に含んでブクブクうがいをします。じっくりと30秒くらいかけてブクブクしましょう。

ブクブクをしたら、吐き出します。薬効成分が洗い流されてしまうので、うがいのあとに水で口をすすいだりしないのがポイントです。

ただし、どうしても後味が気になるというような人は、軽く水ですすいでもいいですよ。

それでは、また。