窒息の原因としてどうしても上位に来てしまうお餅。

でも、ご高齢の方の大好物でもあります。

普段は控えていたとしても、お正月くらいは大好きなお餅を楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、お餅の詰まらせにくい食べ方をご紹介します。

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「どうしても食べたい人のためのお餅の詰まらせにくい食べ方」というテーマでお話しましょう。

窒息の原因としてどうしても上位に来てしまうお餅。でも、ご高齢の方の大好物でもあります。

普段は控えていたとしても、お正月くらいは大好きなお餅を楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。

摂食嚥下機能に問題がないことが大前提ですが、どうしても食べたいというときのお餅の詰まらせにくい食べ方を紹介しましょう。

お餅はできるだけ小さく切りましょう。そして、お餅を食べる前に、お茶などで口腔内をしっかりと潤しておくようにしましょう。

お餅を口に含んだら、ゆっくりとよく噛んでもらい、それが確認できてから飲み込んでもらいます。

そして、食べているときは会話などはせずに、お餅を食べることに集中してもらうことも大切ですよ。

それでは、また。