食事の際に注意しなくてはいけないのが誤嚥です。

要注意なのが、食事のときに咀嚼から嚥下まで特に問題なく行っているが、咽頭残留があるというケースです。

このようなときの対処方法は・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「残留しがちな人には複数回嚥下」というテーマでお話しましょう。

食事の際に注意しなくてはいけないのが誤嚥です。

誤嚥というとムセを連想される方が多いと思いますが、咽頭残留も誤嚥につながることがあるので、要注意ですよ。

食事のときに、咀嚼から嚥下まで特に問題なく行っているが、咽頭残留があるというケースでは、複数回嚥下を行うことで咽頭残留の解消を期待できます。

複数回嚥下とは、文字通り数回の嚥下を繰り返すことです。

1回の嚥下で食べ物を飲み込むことができても、2回、3回と空嚥下を行うことです。こうすることで、咽頭部に残留していた食べ物をしっかりと食道に送り込もうという嚥下法です。

咽頭部の残留が気になるご利用者さんには、ぜひ試してみてください。

それでは、また。