ご利用者さんに保湿剤を塗布するときには、多くの方が指で塗布しているのではないでしょうか。

でも、この方法では、乾燥して厚くこびりついた汚れをふやかすときなどには、苦労することが多いと思います。

そんなときには・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「スポンジブラシ活用で上手に保湿」というテーマでお話します。

ご利用者さんに保湿剤を塗布するときには、多くの方が指で塗布しているのではないでしょうか。

でも、この方法では、乾燥して厚くこびりついた汚れをふやかすときなどには、苦労することが多いと思います。

そんなときには、スポンジブラシを活用しましょう。

小さめの器に適量の保湿剤を出してスポンジブラシに含ませます。
このときに、スポンジブラシでかき混ぜるようにして泡立てるのがポイントです。

保湿剤をしっかりとスポンジブラシに吸収させたら、軽くしぼってから、乾燥した汚れに塗布します。

粘膜清掃のときのように、クルクルと回すのではなく、スポンジブラシを押し当てて
保湿剤をしっかりと行き渡らせるようにするのがポイントですよ。

こうすれば、厚くなった汚れに保湿剤を十分に浸透させることができます。

それではまた。