舌やほほの動きが衰えてくると、上顎に取りにくい汚れがついてしまっていることがよくあります。

こんな汚れは、どのようにして取り除くのがよいでしょうか?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです! 問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。上顎の取れにくい汚れには口腔ケアウェットティッシュを使う。マルかバツか?

舌やほほの動きが衰えてくると、上顎に取りにくい汚れがついてしまっていることがよくあります。
こんな汚れは、どのようにして取り除くのがよいでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

粘膜部分の汚れはスポンジブラシを使うことが多いと思いますが、それではなかなか取れない汚れがあります。

そんなときは、口腔ケアウェットティッシュを指に巻きつけて、少しだけ力を入れてさっと拭き取りましょう。このやり方なら、ご利用者さんの負担も少なくて済みます。

上顎の汚れが取れにくいということは、お口のなかが乾燥していることも原因の1つです。

ケアの最後は、保湿剤でしっかりとお口を潤してあげてくださいね。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。