口腔ケア、特にドライマウスの方や粘膜清掃を行う方の口腔ケアでは保湿剤の塗布が必須になります。

保湿剤を上手に塗布することで、口腔ケアのクオリティが大きくアップしますよ。

ジェルタイプの保湿剤を塗布するときには、適量を手の甲に出して少しずつ指で塗布していくのが一般的だと思います。

このときのポイントが・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「保湿剤の塗布は指の使い方がポイント」というテーマでお話します。

口腔ケア、特にドライマウスの方や粘膜清掃を行う方の口腔ケアでは保湿剤の塗布が必須になります。

保湿剤を上手に塗布することで、口腔ケアのクオリティが大きくアップしますよ。

ジェルタイプの保湿剤を塗布するときには、適量を手の甲に出して少しずつ指で塗布していくのが一般的だと思います。

このときの指の形がポイントになります。指先を曲げずに伸ばした状態で塗布することで、
保湿剤がまんべんなく口腔内に広がっていきます。

指先だけでなく、指全体を使って保湿剤を塗布する感覚で行いましょう。

さらに、指を伸ばして塗布することで、ほほの粘膜のストレッチにもなりますよ。

それではまた。