摂食嚥下は5期にわけられます。

今回はその2番目の準備期についてご紹介します。

先行期によって口のなかに入れられた食べ物は、準備期で嚥下するために噛み砕かれます。

準備期では食べ物を噛み砕く歯はもちろんですが、舌も重要な働きがあります。

舌の重要な働きとは・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「準備期って何?」というテーマでお話しましょう。

摂食嚥下は5期にわけられます。今回はその2番目の準備期について説明しましょう。

先行期によって口のなかに入れられた食べ物は、準備期で嚥下するために噛み砕かれます。

食べ物を咀嚼し、唾液と混ぜることで飲み込みやすい食塊を形成します。

準備期では食べ物を噛み砕く歯はもちろんですが、食べ物を動かしたり口蓋と挟んでつぶしたりと、舌が大活躍します。

食べるという動作からイメージしやすい「咀嚼」の動作を行なっているのが準備期なんですね。

それでは、また。