ご利用者さんの口腔ケアを行うときに、ほかの部分に比べて汚れが目立つ箇所は、ありませんか?

汚れのつき方から、口腔機能の状態を推測できることがあるんです。

例えば、上顎や舌の下に食べカスが多く残っているような方は・・・

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネルです。今回は「上顎に汚れがつきやすい人は?」というテーマでお話しましょう。

ご利用者さんの口腔ケアを行うときに、ほかの部分に比べて汚れが目立つ箇所は、ありませんか?

汚れのつき方から、口腔機能の状態を推測できることがあるんです。

例えば、上顎や舌の下に食べカスが多く残っているような方は、舌の筋力が低下して、動きが悪くなっている可能性があります。

食べ物を舌にのせて、きちんとのどに運んでいくことが難しくなっているのかもしれませんよ。

そのような方には、舌の筋力を鍛える口腔機能訓練を行うとよいと思います。

それでは、また。