こんにちは、日本訪問歯科協会の迫です。

開口困難な人のなかには、本当に口を少ししか開けられず、無理に開けようとしてしまうと顎が外れてしまったりする方もいらっしゃいます。

そのようなケースでは、無理に開けようとせずに、可能な範囲で開けてもらった隙間にワンタフトブラシを入れて歯磨きをしましょう。

ワンタフトブラシの使い方は?

土持賢一
土持つちもち賢一けんいち
歯科医師
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです!問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。開口困難な人にはワンタフトブラシが向いている。マルかバツか?

ワンタフトブラシというと部分みがきのブラシというイメージが強いですが、開口困難な人に合っているのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

開口困難な人のなかには、本当に口を少ししか開けられず、無理に開けようとしてしまうと顎が外れてしまったりする方もいらっしゃいます。

そのようなケースでは、無理に開けようとせずに、可能な範囲で開けてもらった隙間にワンタフトブラシを入れて歯磨きをしましょう。

これなら小さいのでほんの少しの隙間があれば、口のなかに入れられます。

小回りもきくので、少ししか開かない口のなかでも歯をみがくことができます。

皆さんは正解しましたか?

それでは、また。