入れ歯の汚れ方から、入れ歯自体や口腔機能の問題点を予想することができます。

粘膜と接している面ではなく、表側、人工歯や床の部分が汚れているようなときは、ご利用者さんの口腔機能をチェックしましょう。

なぜなら・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「ほほや唇、舌の動きが衰えると入れ歯の汚れは?」というテーマでお話します。

入れ歯の汚れ方から、入れ歯自体や口腔機能の問題点を予想することができます。

粘膜と接している面ではなく、表側、人工歯や床の部分が汚れているようなときは、ご利用者さんの口腔機能をチェックしましょう。

入れ歯のこういった部分が汚れているということは、ほほや唇、舌の動きが衰えているサインなんです。

咀嚼や嚥下の動きがスムーズにできないために、食べ残しや食べカスが入れ歯のこうした部分に付いてしまうんです。

このようなケースでは、入れ歯の調整を行うよりも、口腔リハビリを行うことで、汚れがつかなくなるということもあります。試してみてください。

それではまた。