むし歯の予防を期待できる食品として、すっかりおなじみのキシリトール。

でも、その効果のしくみを知っている人は多くないかもしれません。

今回は、キシリトールがどうやってむし歯の発生を予防しているかご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「キシリトールでむし歯を防ごう!」というテーマでお話します。

むし歯の予防を期待できる食品として、すっかりおなじみのキシリトール。でも、その効果のしくみを知っている人は多くないかもしれません。

むし歯は原因菌であるミュータンス菌の働きによって引き起こされます。

ミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分を取り込んで酸を作り出します。こうして歯の表面を溶かす「脱灰」という現象を起こします。
脱灰が進むとむし歯になるのです。

しかし、砂糖などの代わりにキシリトールが含まれていると、ミュータンス菌は酸を作り出すことができなくなります。
キシリトールがミュータンス菌の酸を作り出そうとするエネルギーを使い切ってくれるからです。

このようにして、キシリトールはむし歯の発生を予防しているわけです。

それではまた。