舌が沈んでしまっている低位舌は、舌の筋肉の衰えによって起こります。

そのため、低位舌の人は舌の動きが鈍くなり、汚れがたまりますくなります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、今回は口腔ケアクイズです! 問題はこのあと!

口腔ケアクイズ、問題です。上顎の汚れと舌の位置は関係ある?マルかバツか?

舌が正しい位置に収まらずに、沈んでしまっている状態を低位舌といいます。
上顎の汚れは、この低位舌となにか関係があるのでしょうか?

じゃあ、解説しましょう。

答えはマル!です。

上顎の汚れは、舌の位置を判断する大切な手がかりになるのです。

舌が沈んでしまっている低位舌は、舌の筋肉の衰えによって起こります。そのため、低位舌の人は舌の動きが鈍くなり、
汚れがたまりやすくなります。

そうすると当然、舌苔もつきやすくなったり、上顎に汚れがついたりするのです。舌が正しい位置にあり、
舌の動きが活発な人に比べると、こういった場所の汚れがとても目立つのです。

みなさんは正解しましたか?

それでは、また。