ドライマウスなどによって唇が切れやすいという方、いらっしゃると思います。

でも、なかには唇ではなく口角がよく切れてしまう、という方がいらっしゃるかもしれません。

その原因は?

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。

今回は「口角が切れやすい人は、ここをチェック!」というテーマでお話します。

ドライマウスなどによって唇が切れやすいという方、いらっしゃると思います。

でも、なかには唇ではなく口角がよく切れてしまう、という方がいらっしゃるかもしれません。

ドライマウスが原因かと思いがちですが、実は口角が切れてしまうのはビタミンBの不足や糖尿病、鉄欠乏性貧血などが原因であることが多いんです。

さらに、意外なものとして入れ歯の噛み合わせが低すぎるというケースもあります。

噛み合わせが低すぎると口角部分に唾液がたまりやすくなり、そのために細菌感染や亀裂が生じやすくなるのです。

口角がよく切れる方がいらっしゃる場合は、こんな部分もチェックしてみてくださいね。

それではまた。