口腔ケア介助を行う際、入れ歯を外して口腔ケアを行うというケースが大半だと思います。

総入れ歯の方以外は、入れ歯を外して残っている歯の歯みがきを行います。

このときに気をつけたいのが・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「入れ歯の人の歯みがき術」というテーマでお話します。

口腔ケア介助を行う際、入れ歯を外して口腔ケアを行うというケースが大半だと思います。

総入れ歯の方以外は、入れ歯を外して残っている歯の歯みがきを行います。このときに気をつけたいのが、部分入れ歯が接している歯です。

この歯がむし歯や歯周病になると部分入れ歯を支えられなくなり、入れ歯を作り直さなくてはいけなくなります。

部分入れ歯のクラスプが接している部分などは、歯ブラシのつま先やかかと部分で丁寧にブラッシングしましょう。

入れ歯に挟まれて孤立している歯などは、ワンタフトブラシを使うと上手にみがけますよ。

それではまた。