日本人の国民病とも言われる歯周病ですが、歯みがきを怠っていると歯周病のリスクは高くなってしまいます。

でも、どの程度サボっていると、どのくらいのペースで歯周病に進んでいくのでしょうか?

歯周病までの道のりは・・・

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「歯みがき停止から歯周病への道のり」というテーマでお話します。

日本人の国民病とも言われる歯周病ですが、歯みがきを怠っていると歯周病のリスクは高くなってしまいます。

でも、どの程度サボっていると、どのくらいのペースで歯周病に進んでいくのでしょうか?

口腔ケアを徹底していただくためにも、歯周病までの道のりの目安を説明しましょう。

専門家による実験データによると、歯みがきをサボり出した当初は、まだ歯肉に大きな変化は見られません。

歯みがきをせずに4日経過すると、歯肉に軽度な炎症が見られるようになります。

そして3、4週間で慢性の歯肉炎の状態になります。その状態をさらに続けると歯周炎に移行し、
歯が抜けることが避けられない状態に近づいていきます。

このように、歯みがきを怠ってしまうと、歯周病は着実に進行してしまいます。口腔ケアはしっかりと行なってくださいね。

それではまた。