歯みがきのときのブラッシング法には、さまざまな種類があります。

代表的なものが、スクラビング法とバス法です。

今回は、それぞれの磨き方の特徴と方法をご紹介します。

酒井未菜
酒井さかい未菜みな
歯科衛生士
口腔ケアチャンネル、ワンポイントレッスンです。今回は「お口の元気度に合わせたブラッシング法!」というテーマでお話します。

歯みがきのときのブラッシング法には、さまざまな種類があります。代表的なものが、スクラビング法とバス法です。

歯ぐきが健康な人向きで、むし歯予防により効果を期待できるのがスクラビング法です。

歯の表面に歯ブラシを直角に当てて、小刻みにブラッシングする方法です。歯と歯の間の汚れをとるのが得意です。

歯ぐきの状態が心配な人向きで、歯周病予防により効果を期待できるのがバス法です。

歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを45度の角度で当てて、小刻みにブラッシングする方法です。歯周ポケットの汚れを取るのが得意です。

意識的にブラッシングをすることで、歯みがきの効果もアップすると思いますよ。

それでは、また。